FC2ブログ

YELLOW YELLOW HAPPY

懐かしい、ポケットビスケッツのヒット曲。
1996年、中学2年生の時でした。

曲調も歌詞も、なにより千秋が好きでした。

番組の企画で『○○ができたら発売、できなかったら解散』というのがあって、どこまでホントなのかわからないけど、本気になって応援していました。

・・・千秋がよく泣いてたなぁ。

青春時代を思い出す曲の中の一つです。
2年後にPOWERってのも発売されて、これまた好きでした。

あの頃、カラオケに行くと、絶対歌ってました。
千秋の声も地声でバリバリ出せてました。

恋しさと せつなさと 心強さと も。笑

今カラオケに行くと、心地よく出せる声の曲と言ったら、
『時の流れに身をまかせ』とか『喝采』とか。笑

マジです。

実は、意図的に声を低くしようとしていた時期がありました。
社会人1年目。親御さんの対応や、人前で説明をすることが多かったので、20歳を舐められないように、少しでも説得力がある対応はどういうものかと研究しました。

男性の場合はヒゲを伸ばす(会社によるけど)、見た目でなんとかする手があるけど、女性はそうはいきません。

そこで話し方と、声のトーン。
アヤパンのようなキャピキャピ感がある話し方よりも、
テレ朝の河野さんのような、少し低めのトーンと話し方の方が、
俄然説得力がある。

もともと声が高かったわたしは、この日からトーンを低く保つように、
心がけて生活しました。

その結果が今の声。

でもね、デメリット。
電話のときは、声は高い方が印象がいいのよね。
そして千秋の声が出ない。笑

年齢を重ね、仕事をする上で『舐められないように』というのを第一に考えなくなってきた今、元々のトーンに戻したいと考えていて、日々高めに出るようにレッスン中です。

千秋まで、TRFまで、globeまで。
あと何オクターブ?笑

年内には地声で歌えるようになりたいな。
YELLOW YELLOW HAPPY
スポンサーサイト
profile

あっちゃん

Author:あっちゃん

calendar
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
article
archive
category
search
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

link