わからない。

岡ちゃんが何をしたいのか、わからない

試しにたくさん呼んでみて、毎回入替えて、
選手同士の意思統一も図れないまま解散。

全然楽しめなくなった、代表戦。
縁があってチケットをいただいた時には応援に行くけれど、
祈るような思いで観戦することは無くなった。

2002年、日韓W杯はあんなに盛り上がったのに。
知らない人同士で抱き合って、駅のホームで対面にいる他人同士も、
ニッポンコールで大騒ぎ。
横断歩道を渡るときも、他人同士でハイタッチ。

たった数年で、どうしてこんなに覇気が無くなってしまったのだろう。

昔は応援している選手が代表に呼ばれると、最高に嬉しかったのに、
今は呼ばれると、なぜか複雑な気持ちになる。

たった2年前。オシムが周作と司を召集したときは、
新聞を買いまくって、毎日毎日眺めて、本当に嬉しかったのになぁ。

今は、そう思えない。

《2006/8/31 スポニチ》
スポンサーサイト

東京駅。

東京駅。

駅構内はよく通るけど、外に出ることはあまりないのよね。

いつぶりだろう。久々に外に出てみた。

やっぱりレンガがステキ。

・・・んが、あっちもこっちも足場だらけ。

駅前の郵便局も、移転しちゃってた。

古い建物で、雰囲気があって好きだったんだけどなぁ。

丸の内側は、なんか活気を失った街になっていたよ。

ウルトラミラクルラブストーリー。

早くも動員100万人突破と絶好調の映画「デトロイト・メタル・シティ」で、デスメタルのカリスマと軟弱渋谷系青年の2役を演じた松ケンが、故郷・青森で津軽弁全開の映画に挑む。

 今作は、青森で農業を営む青年(松山)と、東京から来た美女(麻生久美子)の初恋物語。製作のリトルモアと、同じく青森出身の横浜監督がこの企画を進めるにあたり、真っ先に主役に思いついたのが、いま最も旬な同郷の松ケンだった。

 高2まで青森で過ごし、いまでもなまりが出てしまう松山だけに、マネジャーは「せっかく標準語に慣れてきたのに…」と複雑な心境だが、本人はやる気満々。

 「あっちゃ、ままもっとけろ(おばあちゃん、ご飯もっとちょうだい)」、「せばわー、ナスもらっていくじゃ(じゃあ僕、ナスもらっていくね)」など、聞き慣れない人にはチンプンカンプンな津軽弁は、慣れ親しんだ地元の言葉だ。

 厳密にいうと、松山は青森南部の出身。使っていた方言は津軽弁とは若干違う下北弁だが、方言指導の先生の評価も上々、「実際に祖父の農業を手伝っていたので、土いじりにも抵抗はない」と気合を入れている。

 映画は13日にクランクイン。約1カ月間、全編青森ロケで撮影する。

 松ケンといえば、映画「デスノート」での天才探偵・L役や、「デトロイト-」でのクラウザーII世役など、その役柄に合わせ外見から演技まで柔軟に変身させる“カメレオン俳優”。だが、今回は、まさしく等身大。「青森で育った監督と、青森で育った俳優が、青森で最高の作品を作ります」と、いままでで最も素に近い松ケンを見ることができそうだ。共演はほかに渡辺美佐子(75)、原田芳雄(68)、藤田弓子(63)ら。



絶対観るっ!!!

YELLOW YELLOW HAPPY

懐かしい、ポケットビスケッツのヒット曲。
1996年、中学2年生の時でした。

曲調も歌詞も、なにより千秋が好きでした。

番組の企画で『○○ができたら発売、できなかったら解散』というのがあって、どこまでホントなのかわからないけど、本気になって応援していました。

・・・千秋がよく泣いてたなぁ。

青春時代を思い出す曲の中の一つです。
2年後にPOWERってのも発売されて、これまた好きでした。

あの頃、カラオケに行くと、絶対歌ってました。
千秋の声も地声でバリバリ出せてました。

恋しさと せつなさと 心強さと も。笑

今カラオケに行くと、心地よく出せる声の曲と言ったら、
『時の流れに身をまかせ』とか『喝采』とか。笑

マジです。

実は、意図的に声を低くしようとしていた時期がありました。
社会人1年目。親御さんの対応や、人前で説明をすることが多かったので、20歳を舐められないように、少しでも説得力がある対応はどういうものかと研究しました。

男性の場合はヒゲを伸ばす(会社によるけど)、見た目でなんとかする手があるけど、女性はそうはいきません。

そこで話し方と、声のトーン。
アヤパンのようなキャピキャピ感がある話し方よりも、
テレ朝の河野さんのような、少し低めのトーンと話し方の方が、
俄然説得力がある。

もともと声が高かったわたしは、この日からトーンを低く保つように、
心がけて生活しました。

その結果が今の声。

でもね、デメリット。
電話のときは、声は高い方が印象がいいのよね。
そして千秋の声が出ない。笑

年齢を重ね、仕事をする上で『舐められないように』というのを第一に考えなくなってきた今、元々のトーンに戻したいと考えていて、日々高めに出るようにレッスン中です。

千秋まで、TRFまで、globeまで。
あと何オクターブ?笑

年内には地声で歌えるようになりたいな。
YELLOW YELLOW HAPPY

奇跡のニータン☆☆☆

で、でたぁ~~~

Jリーグチップス、出たんです。
あの可愛い、抱きつきたい彼が出たんです。

11/1は初めて生で見れそう。
楽しみでしょうがないのだ

前回買ったときはウェズレイが出ました。

うんうん、来てます来てます。
運気上昇中!!(Jリーグチップスは。笑)

さてと。

またもや夜行バスで東京へ。

家を出る前に、豚汁を2杯も食べてしまった。。。


お腹がキツいのであります。
きっと爆睡なのであります。

記念日。

今日は、お母さんのBIRTHDAY☆

わたしが上京してから、一緒に過ごすことがなかった9月10日。

せっかくFREEな生活をしているので、今年は一緒にお祝いしようと思い、
昨晩の高速バスに飛び乗り、青森に帰ってきたのであります。


夕方。
母はスクールがあって外出。
その間に、すき焼きの材料やケーキ、シャンパン等を買い出しに行き、
母の兄妹や姪、甥を呼んでパーティの準備。

スクールが終わり、母が帰宅。


・・・玄関の靴の数がおかしいぞ?!


何も言わさず(笑)、部屋へ。


『お誕生日おめでとぉ~う☆』

かあちゃんビックリです。そして、ホントに喜んでくれました(^-^)


2日前に予定を練って、親戚に連絡。
みんなの協力のおかげで、Partyは大成功に終わりました☆

感謝、感謝でございます。

ここまでチカラを入れるのには、ワケがあります。


母は今日、還暦をむかえました!!


一生忘れない、ホントに素敵な、思い出深いBIRTHDAYになったと思います☆


わたしも思いきって帰ってきたのは間違いじゃなかったなって、
ホッとしてます。


良かった良かった。
わたしはまだ興奮していますが、母はもう寝ました。笑


素敵な夢を見てねぇ~(^-^)

HAPPY☆BIRTHDAY!!

ちょっくら。

今から夜行バスでアオモリに帰ります。

ちょいと用事があって(^-^)


家から新宿まで、スッピンで来ました。

このまま青森へもスッピンで参りますが何か?笑

クリスピー・クリーム・ドーナツ☆

久しぶりに  クリスピー・クリーム・ドーナツ  を買いました。
やっぱりおいしいね。甘くてHAPPYになるよっ

長いときで、待ち時間2時間・・・になるお店ですが、
わたしが行ったときはラッキーなことに30分待ち

そりゃ買っちゃいますよね

待ってる間は、生地から売りに出されるまでの工程を見る事ができます。
面白いんですよ。決まったトコロでクルリンパって、上手に油に浸ります。
最後の味付けは手作業で。

しかも、待ってる間に出来立てホヤホヤのオリジナルグレーズドを
無料でいただけるんです。嬉しいうれしいっ


思えば。
前に食べたのは3月、ホワイトデーでした。
しば坊が会社の女子にたくさん買ってきてくれて、
嬉しかったのを覚えています

箱もホワイトデー仕様で、超かわいかった

そんな心優しいしば坊に、先日第二子が誕生しました。
おめでとうございますっ

ビビッタぜ。全く知らなかったぜ

今日、お祝いを託したんだけど、受け取ってくれたかしら。
今以上に、幸せな家庭でありますように
profile

あっちゃん

Author:あっちゃん

calendar
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
article
archive
category
search
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

link